受験学年(6年生)

中学受験失敗からリベンジした人のブログなどまとめ

2020年11月27日

中学受験で失敗してしまったとき、一体まずはどうしたらよいか?などの記事を書いてきましたが、

同じ経験をした人の行動ほど、参考になり勇気をもらえるものはありません。

こちらの記事では、中学受験の失敗からリベンジして成功した人のブログや記事・本などをまとめました。

これから受験を迎える保護者のかたも参考になさってください。

中学受験失敗後、東大一発合格した社長のブログ

こちらのブログは、開成・筑駒の中学受験に失敗したけれども、高校でリベンジし、筑駒へ、更に東大現役合格した社長が書いているブログになります。

日能研の低学年時代の塾の話から、中学受験失敗した理由の考察なども含めて、

経験者の言葉で非常に細部まで詳しく書かれていますので、大変参考になります。

特に、日能研に通われている方は、細かい部分までわかることが出来て共感する部分が多いかもしれません。

ブログはこちらから→

中学受験に失敗し、地元の公立から早慶合格した話

今度は2019年2月取材の東洋経済の記事からご紹介したいと思います。

小学3年生から塾に通っていましたが、

両親の離婚などにより、成績も落ち込み、結果、中学受験には失敗をしてしまいました。

その後、地元の公立中学校に通い、見事に早慶の高校に合格したという実話です。

内容を見ていると、高校生にしてはかなりしっかりしているという印象がありますが、きっと今振り返ってみると中学受験の経験や家庭内の出来事が彼を成長させたのだろうと感じました。

彼のように、地元の公立から合格した!という話は沢山聞きます。

しかし、公立へ進学すると友達関係や勉強も不安になることもあるかと思います。そういった心配があるときは関連記事も参考にしてみてください。

関連記事
中学受験に失敗・公立へ進学するとその後どうなる?

中学受験をしたけれど失敗して公立中学校へ進学することとなった場合、その後どのような生活が待っているのでしょうか? 実際の体験者の声を元に記事にまとめました。 目次1 中学受験に失敗後公立学校へ行った時 ...

続きを見る

中学受験失敗後、京大合格までの軌跡

ママが知りたい受験情報edunaviでは、過去の話にはなりますが、中学受験の第1・第2志望は不合格で私立にいったものの、リベンジで京大に合格して弁護士を目指している古川さんの取材の記事を紹介します。

自ら志した中学受験に敗れ、その想いを大学受験のパワーに変えることができた理由や、そのときの家族の接し方などを取材した記事になります。

最後にライターさんが書いている「成功のポイント」が特に心に響きました。

古川さんが話していた「中学受験はゴールではない」という考え方は、受験生のご家庭がつい見失ってしまいがちなことのひとつです。

なぜ古川さんがこのことに気づき、大学受験へのモチベーションに変えることができたかというと、お母さまが不合格に対して過剰な反応をしなかったからだと思います。もしお母さまが落胆してしまったら、古川さんご本人も巻き込んでいたことでしょう。また、高校で自発的な勉強に励むまでは言われ続けたという「勉強しなさい」。古川さんは当時嫌がっていたようですが、これもご本人のスイッチを押す、お母さまなりの演出だったのではないでしょうか。

参照:edunavi

中学受験に失敗したが、京大に合格した著者の本

こちらも、中学受験に失敗したけれども、京大にリベンジ合格した学びの物語です。(実話)

実際に経験した人の実話は、どんな慰めの言葉よりも胸に刺さることでしょう。

「教育」の大切さを感じられる一冊です。

中学受験失敗からの高校受験リベンジの本

最後にご紹介したいのが、こちらの本です。

中学受験の涙は高校受験でリベンジ!偏差値52から2か月半で早慶校合格のキセキ!

アマゾンのKindle版・電子書籍になります。

内容は中学受験の学校のほとんどに失敗してしまった息子さんのお母さんが書いた本です。

お子さんの多くは、志望校合格をめざし遊ぶ時間 も削って夜遅くまで塾に通い受験勉強を頑張ります。しかし、その中で第一希望の学校に入れるお子さんは本の一握りです。受験後、落ちてしまった親子の多くは、挫折感や絶望感に苦しみます。
うちの息子の場合も中学受験で第1志望不合格どころか、ほぼ全落ちに終わり、親子でドン底を味わい第6志望だった中高一貫校に入学しました。
そしてその後、中3の12月に息子本人が高校受験を決意し偏差値52から受験勉強期間2ヶ月半で早慶校にリベンジ合格を果たしました。
中学受験の失敗から、私自身の子育てをまるっきり変えたことで息子も変わり、高校受験で奇跡的にリベンジ合格を達成することができました。

本書体験記は、中学受験失敗から高校受験合格までのカウントダウンを綴っていますが、中学受験の失敗から学んだ私の子育ての意識改革(言葉の選び方、発想の転換、プロデュースのアイディア等)、
それによる息子の行動の変化も描いています。

参照:Amazon紹介文より

まとめ

中学受験の失敗からリベンジして成功した人のブログや記事・本などをまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

実際、様々な人生があること、そして、中学受験の長い道のりを乗り越えてこられたご家族なのですから、

必ずリベンジすることが出来ることを感じることが出来たかと思います。

これから受験を迎える保護者のかたも参考になさってください。

-受験学年(6年生)
-

© 2021 ママのための中学受験情報局