中学受験情報

中学受験はいつから始める?経験がないご両親でも大丈夫◎

中学受験のことを考え始めるのは子供よりもご両親が一番初めになるでしょう。しかし、ご両親によっては中学受験の経験が全くない場合はいつから始めたらよいかわからないという方の声をよく聞きます。この記事ではいつから中学受験を始めるのがよいか?また、中学受験のことがわかる本などをご紹介したいと思います。

中学受験はいつから始める?

中学受験はいつから始めるか?というと、塾に入る時から始まると考えると

標準的な塾に入る年齢は小学校3年生の2月からと言われていますので、その時期となります。

ただ、小学校1年生から始める人もいますし、4年生から始める人もいますので、平均して小学校3年生くらいだと思ってよいでしょう。塾に入るタイミングに関してはこちらの記事でも書いていますので参考にしてください。

ただ、ご両親が中学受験ってうちはどうしようかな?中学受験ってどうなんだろう?と、思い始めたときがご自身の家庭の中学受験が始まった時といってもよいです。

中学受験の準備

ご両親が中学受験を経験してない場合、まず何から始めてよいか?少し戸惑うかもしれません。そんな時は、

中学受験の目標そして目的についてや、塾の在り方などについてまず考えてみてください。

2020年1月に発売された塾の学園長が書いた本がとても参考になると話題なので、ご紹介したいと思います。

スーパーエリート塾の塾長が書いた本なのですが合格の先を見据えた教育に関して記載した本です。読んだ方の感想をご紹介します。

塾講師として25年間子どもの指導してきた著者が、第一志望校に合格するだけでなく、中学受験を通じてどう子どもを成長させるか、を記した内容。著者の誠実さが伝わってくる。
中学受験においては子ども達への親と塾の関わりが大切
親の役割として「価値観を育てる」「価値観を育てる環境を用意する」「子どものロールモデルになる」といったことが書かれている。
また「感謝する」「努力する」「己に克つ」ことの大切さ。
母親として、時間がなくてそんなに頑張れない、と読みながら途中くじけそうになったが、卒塾生との対談、前灘中学校教頭の大森先生のあとがきまで全て読んで、子どものためにできることを、改めて夫と話してみようという気持ちになった。
中学受験を考える保護者の方に読んでほしい。

小さな子供を持つ親として中学受験はまだまだ先の話ですが今知っておくことで今後の子供の成長にとって今なにが大切かハッとさせられることが多く書かれている本でした!
いままさに我が子がなにに対してもなぜ?なんで?としつこく聞いくる時期ですが私自身どうしても家事などを理由に子供たちの興味の芽を摘んでしまっています。読み終わった後にはただ単にエリート塾の受験という項目だけに特化した内容ではなく普段の生活のなかにある小さな積み重ねがどれだけ子供たちチカラを『引き出す』キッカケなるか、そんな気持ちにさせられる本でした!

中学受験をいつから始めようか悩んでいるかたには是非一度手に取ってみてほしい本です。

まとめ

中学受験はいつから始めるか迷っているかたは、是非気づいた時が始める時なので、情報を集める参考にしてもらえたらと思います。

-中学受験情報
-

© 2021 ママのための中学受験情報局