麻布中学校【御三家】は自主自立・自由闊達の校風を伝統とし独自の教材で2019年は100名の東大生を輩出

麻布中学校【御三家】は自主自立・自由闊達の校風を伝統とし独自の教材で2019年は100名の東大生を輩出

1985年江原素六により創立。2015年には120周年を迎えました。

創立者の自主自立の精神を受け継ぎ、校則がない自由な校風は周知されています。

四谷大塚が出している80偏差値一覧では偏差値67の超難関校になります。

※80偏差値とは、67の偏差値があれば80%合格率があるということです。

教育理念と教育方針

自主自立の精神を受け継ぎ、自由闊達の校風を伝統として、生徒たちが何に対しても主体的に行うことを推奨しています。

真理を愛する心、物事の本質を見極める力、人類社会に貢献する志を持った人間を育てます。

各学年、クラスには学年担任と副担任がつき、生徒をきちんと見てくれています。

自由という学校の校風ではありますが、先生が見守る体制をきちんと作っているということがわかりました。

奨学金制度は2つ

麻布学園奨学金制度・・・麻布中学校・高等学校の在校生で経済的援助が必要と認められる生徒については、希望者の中から奨学生を毎年選考します。奨学生には授業料相当額の範囲内で無利子貸し付けをします。返済は大学卒業後です。

授業料特別免除制度・・・入学後、中学生を対象として、保護者の失職、離別等により、家計状況が急変し、就学の継続が困難になった場合、授業料を免除する制度があります。

校舎は昭和初期に建てていますが耐震性は心配なし(とのこと)

校舎は昭和初期に建てていますが、今までの地震でも問題はなかったとのことで、耐震性は心配ありません(とのこと。学校の情報です。)。全教室にはプロジェクターとロッカーが設置されました。

図書館には8万5千冊を超える蔵書と約70冊の雑誌が常備、CDやDVDを見ることができるAVブースが整っています。麻布の100周年記念事業として、記念館を建設し、そこの2階と3階に図書館があります。地階には19のクラブ部室、1階には小教室3室と情報科学実験室が配置されています。

また、120周年記念として、体育館が建設されました。地下1階~4階建てで全館空調完備です。

屋上には人工芝のオムニコート2面があり、軟式テニス部の活動など、さまざまな活動ができます。

学食や購買はあります!学校的には基本はお弁当を推奨しています。

合宿なども生徒主導の部活動

文化部と運動部あわせて45のクラブや同好会があります。顧問の先生と春夏の合宿などをしたり、研究にいそしんだりしています。全国大会をはじめ各種大会で優勝しているクラブも文化部系では多いようです。

Advertisement

学習意欲を引き出すための独自のカリキュラム

麻布への入試試験でもわかるように、思考力や想像力、感受性などの育成に力を入れています。

様々な麻布独自の授業が面白く感じられると思います。

情報の授業では、中学1年において、生徒は各自デスクトップパソコンを専有し、正しいタイピングの練習から、文書作成、表計算、プレゼンなども基礎的なものはすべて習得させ、プログラミングの授業なども行われます。

理科の授業では、特に中1では、週に2回の理科実験を行っており、実験を通して科学的なものの見方を身につけることに重点をおいています。

英語教育では、中学では基礎力を徹底的に養うため、毎日1時間英語の授業があり、そのうち週1時間はネイティブスピーカーの講師により、聞くことと話すことに重点を置いた事業を行います。また、中学2.3年生では、人数を半分にしてより生徒を細かく見ることが出来るようにしています。

高校1年生と高校2年生を対象に行われる「教養総合」の授業では、既存のカリキュラムや枠にとらわれず、様々なテーマ性の高い授業群の中から自分で選び授業を行います。

全体的に自ら学ぶ意欲があれば、わからない場合は先生に聞くなどして、授業についていくことは可能です。小テストや実力テスト、補修などがあるので、そこで置いて行かれないよう頑張ればよいとのことです。

最終的に高校3年生では、理系が55%文系が45%くらいに別れるようです。

タイトルにも記載しましたが、2019年は100人の東大生を輩出しています。ただ、現役生と浪人生をあわせて、です。浪人生もわりといるようなので、その点に関しては、考えて大学受験に臨むことが望ましいでしょう。

自由で子供の個性を尊重する風土

校則はありません。制服は、標準服はありますが、私服がほとんどです。

学校行事(創設者墓参り、相模湖慰霊碑参拝)は、標準服である学ランがありますので、大事なタイミングにて着たりしているようです。

格好良い学ランなのに、勿体ないような気がしますが・・・。

2019年春の文化祭がボヤ騒ぎのため延期されたことがありましたが、不幸中の幸い、けが人はなく、無事だったようです。地下で生徒が花火をしていたとのことでしたが、そういった経験も含め、自由な校風であるゆえ、代償を伴うこともあるかもしれません。

ただ、自由には責任がつきものです。子供の内に、正しいことをきちんと子供なりに学ぶことをよしとするならば自立を促す意味ではとても良い学校だと言えるでしょう。

 

☆麻布の過去問はコチラから☆

 

☆御三家の開成の記事はコチラ☆

東大合格NO1!開成中学校の偏差値や学校生活は?

☆御三家の武蔵の記事はコチラ☆

武蔵中学校【御三家】の人気の秘訣は?整備された新校舎ではヤギもいて環境がよいと話題