聖光学院【神奈川御三家】の大学現役合格率は脅威の81%!魅力的な学校を紹介

聖光学院【神奈川御三家】の大学現役合格率は脅威の81%!魅力的な学校を紹介

ローマに本部をおくキリスト教教育修士会(カトリックの男子修道会)を母体とする学校法人聖マリア学園により、1958年に聖光学院中学校として設立。1961年には高等学校を設置し、現在に至る、面倒見の良い学習指導と多彩な学校行事が魅力の神奈川御三家のうちの1校。

四谷大塚が出している80偏差値一覧では偏差値69の超難関校になります。

※80偏差値とは、69の偏差値があれば80%合格率があるということです。

Advertisement

教育理念と教育方針

カトリックの精神を基盤として、キリスト教の教えである、「人格の尊厳と愛」の理念を掲げて今日の教育に至っています。

中高一貫教育のもとに将来社会に貢献できる健全で有為な人材の育成を目指しています。

「紳士たれ」をモットーに、学力ばかりではなく、礼儀を重んじ優しい心を持たせる教育を目指しています。

家庭との連帯感のもとに、高度な学問を学ぶことを目的とする生徒のために面倒見の良い学習指導をしていて、教育環境はとてもよいと言えます。

太陽光や地熱など自然の力を一部利用するエコな施設

施設は2014年11月にすべての校舎が綺麗になっています。

校舎自体も聖光文化を象徴しているものでありたい、という願いから「文化を創る」を合言葉に計画をして建設をしました。50年後も100年経っても、人類普遍の価値を伝え続けるために、構造的には強固だけれど、見た目は環境にやさしい「100年建築」を目指して建てられています。

グラウンドは人工芝、テニスコートは中庭2面、屋上2面あります。サッカー場、野球場、武道場、プールなど、聖光で行われている競技のほとんどで公式戦ができるだけの広さがあります。

また、太陽光や地熱など自然の力を生活エネルギーの一部に利用してエコな校舎にしているところがオシャレなところ!屋上緑化も推進して、見た目にも現実的にも環境に優しい校舎になっています!

部活動

中学1年生2年生の間は、必ずいずれかのクラブに入部します。

運動部も活発で、実績のある部活もあります。最近の実績に関しては公式HPから見ることが出来るフェイスブックの更新などで見ることが可能です。

また、運動部、文化部のほかに公認団体もあります。

特色ある教育

「聖光塾」

聖光塾とは、学習塾ではなく、学力向上とは別に、さまざまな体験を通して教養を高めることを目的とし、平成14年度より実施している教育プログラムです。

沢山の講座があり、自由参加・学年も決めず、生徒たちの知的好奇心を刺激した活動になります。

(例)ロボットを作る、天体観測、医療機関での実体験、アメリカ西海岸研究など

「選択芸術講座」

国際的に通用する言語としての英語教育には伝統的に力を入れてきましたが、語学だけでは世界中の人と心を通わせることが難しいと考え「美しいものに感動する喜びは国境を超える」という考え方に基づいて、豊かな感性を育む選択芸術講座を開講しています。

毎週土曜日の3.4時間目を使って20人以下の少人数グループに分けて実施。指導は外部からの専門講師を招いて行われます。

音楽系と演劇の講座は学内発表会を講堂で行い、美術系は聖光祭で作品を展示発表します。

現在開催中の講座はコチラです。

・声楽、ヴァイオリン、クラッシックギター、フルート、リコーダー、クロマチックハーモニカ、絵画、陶芸、木工、書道、演劇

「SSH」

聖光学院は2017年度からSSHこと、スーパーサイエンスハイスクールの指定を受け、活動を開始しています。文系理系関係なく、人文・社会科学分野も含めた探究活動を実施しています。

国際教育

国際教育では、色々な機会を与えてくれます。

オンライン英会話講座では、端末を利用して、中学2年生から3年生は全員必修で週3回、オンラインでのマンツーマン英会話を実施しています。

希望者は高校1年生以降も継続が可能です。

ホームスティ・語学研修は、中学3年生の希望者に対して夏にはカナダ(3週間)フィリピン(2週間)、春にはニュージーランド(3週間)で実施しています。

短期・長期留学では、外部諸機関を通して留学を希望する生徒のために、出国前・帰国後に学習指導面におけるサポートをしています。

中学3年生から高校2年生まででは、イングリッシュキャンプという数日間にわたる研修会を夏に聖光学院校舎内で実施しており、ハーバード大学をはじめとした海外大学の学生を講師として招いています。中学3年生で、去年には205名参加しました。

他にも、英語教育では全員が英語で議論ができることになることを目標にしています。

Advertisement

2019年4月入学の新入生アンケートの結果をまとめました!

受験の参考になると思いますので、聖光学院を受験するかたは是非確認してみてください!

※理由の上位3位まで抜粋しています。

聖光学院を受験したきっかけは?

自分の意志・・・61%

親のススメ・・・16%

兄・父が在学・卒業・・・9%

聖光学院を選んだ理由は?

聖光祭が気に入ったから・・・28%

進学校だから・・・24%

偏差値がちょうどよいから・・・20%

受験勉強を始めた時期は?

小学校4年生から・・・59%

小学校5年生から・・・15%

小学校3年生から・・・13%

小学校6年生の時の就寝時間は?

11時までに・・・43%

12時までに・・・32%

10時までに・・・17%

小学校6年生の時の平日家庭学習時間は?

3時間・・・27%

2時間・・・22%

4時間・・・19%

小学校6年生の時の休日家庭学習時間は?

5時間以上・・・39%

4時間・・・15%

2時間・・・14%

まとめ

聖光学院の凄いところはやはり予備校に頼らずに大学現役合格率が脅威の81%なところでしょうか。

学校自身も生徒との授業や向き合い方にとても力を入れいています。

成績が振るわない生徒へは教科ごとに放課後や、長期休暇を利用して補修を行っています。対象となる生徒は各学年15名くらいとのこと。

調べれば調べるほど、学校の面倒見がよくとてもよい学校に思われます。

とはいえ、受かるまでが大変な超難関校です。

対策も含め、塾選びを慎重に考えるとよいと思います。

コロナ禍での状況は?

コロナ禍では、Webを利用して授業を行ってきた聖光学院の場合、中間試験に代えて在宅受験で「到達度試験」を実施しました。問題を配って、解答用紙を学校に戻し、採点して生徒に返却する流れです。定着度の振り返りを目的とするため、成績には参入しないとのことです。

また、2021年度入試の人のための学校説明会は今のところ中止を発表しています。9月上旬までには「学校紹介・入試説明動画」「学校案内資料」をHPにてアップするとのことでした。

去年の説明会の記事はコチラにありますので、よかったら参考にしてください。