サレジオ学院から受験生へメッセージ。自宅待機中に生徒の料理企画で取材も!

サレジオ学院から受験生へメッセージ。自宅待機中に生徒の料理企画で取材も!

神奈川県の難関校、サレジオ学院では、校長先生から受験生に向けてHPにてメッセージを動画で投稿されました。

また、今まで特に言及はされていませんでしたが、説明会が延期・中止になっていますが、今後、Web学校説明会や受験相談の企画をしているということです。

このブログでは、校長先生の受験生へのメッセージと自宅待機中の生徒の暮らしや取材内容に関してまとめました。

Advertisement

校長先生のメッセージ

鳥越校長先生のメッセージですが、こちらのサイトから見ることが可能です。

この内容は是非、苦手科目があるお子様には是非見てほしいメッセージです。苦手意識をもってしまったものをなくすのはとても難しいことですが、心にすっと入ってくるアドバイスが伝わってきます。

自宅待機中の生活は?

サレジオ学院の中学校では、自宅待機期間中に

Googleクラスルームを導入し、授業の配信・課題の提出

などを行っています。そんな中、中学2年生の企画で

「俺の料理!」と称した料理作りチャレンジ

が、読売新聞で取り上げられました。

こちらは、普段できない料理にチャレンジした中学2年生が学年のGoogleクラスルームへアップして話題になりました。

引用:サレジオ学院HP

まとめ

サレジオ学院では、休校期間中も生徒に寄り添った対応を見せてくれています。

Web動画授業が中心ではありますが、チャットや双方向の通信でホームルームも開始し始めています。

これから受験を考えている皆さんは是非とも今後の学校選びの参考にしてみてください。