中学受験・私立公立の学費を比較。学費を知って家計計画を立てよう

中学受験・私立公立の学費を比較。学費を知って家計計画を立てよう

中学受験を決めた家庭も迷っている家庭も、今後かかってくる費用に関して気になるのではないでしょうか?実際、私立・公立の学費はどのくらい違うのでしょうか?お金を用意するにもまずは現状を知ることはとても大切です。この記事では両者を比較・検討してみました。

Advertisement

私立中学校と公立中学校の学費

文部科学省の「平成30年度子供の学習費調査」(最新)から、公立中学校で1年間に平均してかかるお金と、「2021年中学受験案内」声の教育社出版より、私立中学校(東京都)の1年間で平均してかかるお金を比べてみましょう。

(単位:円)私立中学校公立中学校
受験料24,0000
入学金259,0000
授業料480,000138,961
施設費164,0000
給食費042,945
学校外活動費(塾なども)その他242,000306,941
合計1,169,000488,397
図:中学1年間でかかるお金平均

合計を見てみると、だいたい私立が公立の2.3倍になります。

学校によって違う場合もありますが、これくらいの差があると思ってよいでしょう。

月額に落とし込むと、私立の場合は月々10万円くらいの支出になります。

金額だけを見ていると2.3倍は高いという事実にはなりますが、私立中学校への費用はその分、子供の学校生活に直接かえってきます。

例えば、公立学校ではまだクーラーが完備されていない学校もありますし、校舎が古いところも多いでしょう。

私立は設備費が高いように、校舎や設備が格段に違います。(古くて伝統的なところもありますが・・)クーラーなどの空調は完備されていますし、購買や食堂もあります。また、卒業生の寄付などもあるため、定期的に校舎や施設は改築されます。

そして、校外活動の違いもあります。私立では学校によって公立ではあまり見られないような面白いイベントや、留学制度なども充実しています。

現在はコロナ禍でどこまで経験できるかはわかりませんが、IT環境を整える速さも私立ならではです。

Advertisement

家計計画をたてよう

この金額をみて、実際どのようにお金を捻出するか、悩まれるかもしれません。

現在小学生である場合は、今からでも少しずつ、入学準備金だけでもためておくことをオススメいたします。また、3~4校受けるための受験費用もあわせて準備しましょう。

この時のために、家計簿をつけてみるのも大切です。

私は実際、エクセルで家計簿を作成して作っていましたが、ちょっとした内容であれば市販の家計簿を準備して使ってもよいですし、アプリを利用してもよいでしょう。

年間で家計費を管理すると次の年へ減らすべき無駄な費用が見えてくるので、是非とも続けてみてください。

まとめ

今回は私立と公立の学費を比較しましたが、私立は高額である代わりに、かかった分の環境や経験も得られるということをお伝えしました。

是非、色々な方面から考えて参考にしてみてください。