知育玩具で数字や計算を覚えよう!4~6歳におすすめのアイテム

知育玩具で数字や計算を覚えよう!4~6歳におすすめのアイテム

年齢にあった知育玩具は楽しい上にお勉強ができるようになって一石二鳥です。この記事では、知育玩具の中で、実際にプレゼントしてご両親にとても喜ばれた数字や計算を覚えられる玩具、GILOBABYのカエル天秤をご紹介したいと思います。

Advertisement

数字の基礎を覚える「カエル天秤」の遊び方

オススメしたいのが、こちらのGILOBABYのカエル天秤です。

このアイテムは子供が数字をよりよく理解するために、実際のカエルのフィギュアを使って数を数えたり、それぞれの重さに応じたバランスの原則を適用することによって、加算と減算の学習を体験することが出来るのです。

つまり、数を覚えるところから、加算減算が出来るまで使うことが出来るとてもすぐれたアイテムです。

遊び方は3段階に分かれます。

第1の段階では、緑色のカードを使って緑色のカードの通りにカエルを置きます。同じ数同士がつりあうことがわかるでしょう。

第2の段階では紫のカードを使います。カードにカエルがある場合はカエルの数を数えます。次に、対応する数のカエルを天秤の片側に置きます。更に、反対側に数字を置きます。これで、釣り合えばOKです。これによって、子供が数を覚えているかがわかります。

第3段階目が難易度が一番高くなります。

ブルーのカードに表示されているカエルと数字を片側に乗せます。その数を足した数字をもう片側に入れます。ここでバランスがとれた数字が答えになります。加算が出来ないと答えられない問題になります。

購入者の声は?

実際、4歳児にこちらをプレゼントしましたが、とても喜んでくれました。

カエルの数と数字が釣り合うのがとても面白いようで、自分で何回もやって見せてくれました。

文字としての数字とカエルの数を視覚と体感で結び付けられるのがきちんと理解できているかを把握できて、とてもよかったです。

おそらく5歳前には足し算まで出来るようになりそうです。

また、他のかたのレビューでも男女問わず数字を覚えてくれた、というような声が多く、人気が高いようでした。

数字や足し算を勉強するときには遊びながら覚えるというやり方で初めて見ると意外とすんなりと覚えてくれるものです。

見た目も可愛いので、プレゼントにも最適で、喜ばれること間違いなしです。

GILOBABYのカエル天秤はコチラより☆

Advertisement