豊島岡女子学園中学校は東大・早慶など高い進学実績を誇る!その教育とは?

豊島岡女子学園中学校は東大・早慶など高い進学実績を誇る!その教育とは?

創立120年以上、中高一貫校ながら高校からも入学が出来る学校です。

1892年に設立された女子裁縫専門学校から始まり、1948年に池袋へ移転して名前を豊島岡女子学園中学校と名称変更して現在に至ります。

四谷大塚が出している80偏差値一覧では偏差値70の超難関校になります。

※80偏差値とは、67の偏差値があれば80%合格率があるということです。

Advertisement

教育目標・特色

教育方針は

「道義実践」道徳の大切さを学び、実践する喜びを体得すること

「勤勉努力」努力ほど尊いものはないということ

「一能専念」人に必ず備わっているその人特有の才能を発見して育成すること

です。

無心になるために、赤糸で5分間白布を縫う「運針」(表裏同じ針目に縫う手縫いの基本のこと)という伝統がありますが、これは昭和から始まり70年続く豊島岡の伝統です。

平日の8時15分~チャイムと同時に運針を始めると緊張感が走り静寂になります。

 

教育課程は難関大学進学を視野にいれ、基礎学力重視の独自教育課程を行っています。先生も面倒見がよく、テストでは追試や課題などもあり、出来るまでやり続けてくれる面倒見のよさがあります。学校の授業で自分に実力がつくようになっています。中学入学性と高校入学性は別クラスです。

御三家のすべり止めのような形で2月2日以降に受験があるので、実際御三家に行けなかった子たちがこの学校で成績を残し、偏差値や大学合格実績も上がっているようです。

2018年から、男子校の聖光学院と同じくスーパサイエンスハイスクールに指定されていることもあり、アカデミックデーを開催するなど、学園全体として探求学習により一層注力しています。

学校のHPには校長先生が生徒の活動やふれあいを綴っている「豊ちゃん日記」があり、少しほっこりします。

校舎は池袋の一等地のため広くはないが縦に長い

都心にあるため、運動場は狭いので運動会は校外の施設(入間のグラウンド)にて実施されます。

テニスコート2面とプールはあります。食堂はメニューが充実していて売店もあります。

また、茶室があるのがとても素敵です。

校舎自体は8階建てになっているため、生徒たちはエレベーターを使えず、階段を上るのがとてもつらいようです。

コーラス部・囲碁部が強く、阿波踊りを踊る「桃李連(とうりれん)」が名物なクラブ活動

クラブ活動は基本的に全員参加です。種類も豊富で40種類以上あります。

コーラス部や囲碁部が全国クラスの成績を収めています。

運動できる場所があまりないため、メジャーな運動の部活(例えばバレーやバスケなど)は盛んではありません。難関校の女子の特徴かもしれませんね。

また、阿波踊りを踊る部活、桃李連も有名です。創部17年目で現在は部員26名で、文化祭などで阿波踊りを披露しています。

ちなみに、文化祭の「桃李祭」は、2019年には来場者が2日間で15000人ということです。

Advertisement

校則は厳しい 制服はセーラー服

校則は保護者や生徒ともに一貫して厳しいという意見です。昔懐かしいくらい校則があります。

指定のバックや靴下など、ほぼ指定用品を使うことから始まり、スカート丈や髪色、ゴム・ヘアピンの色までかなり厳しいようです。

携帯電話も当然禁止です。また、登下校の飲食店やデパートなどの立ち寄りは厳しく禁じられているようです。池袋という繁華街なのできっと厳しくしているのだと思われます。

制服は紺色のセーラー服です。夏は上着が白色になります。胸元のリボンの形が特徴的ですが、これは結び方が難しいようで、中学1年生が上級生に教えてもらうようです。見た感じは清楚で真面目に見えるので、保護者うけはよさそうです。

Advertisement

総評

御三家の進学率を揺るがし始めている豊島岡女子学園。

2019年の大学合格実績は東大29名、慶應109名、早稲田147名と着実に前年度より人数を増やしています。現役合格率も72%です。

保護者としては、是非視野に入れたいポイントが高い学校でもあると思います。

ただ、高校からの入学生の評判があまりよくないところがあったのですが、2021年度から高校入学を廃止するようなので、そこは心配しなくても大丈夫でしょう。

公式HP:
https://www.toshimagaoka.ed.jp/