子供の虫歯予防どうしてる?歯医者さんに聞く予防方法

子供の虫歯予防どうしてる?歯医者さんに聞く予防方法

子供の虫歯予防のためにご家庭ではどうしていますか?

この記事では歯医者さんが語る虫歯の原因と、予防するためにどうしたらよいか?をまとめました。

Advertisement

子供の虫歯の原因は?

子供の虫歯の原因は歯医者さんから聞くと3つあると言われています。

①母子感染

②だらだらと甘いものを食べる事

③歯磨きをきちんとできていないこと

です。

①母子感染とは

虫歯菌は身近な大人から赤ちゃんにうつります。赤ちゃんは生まれたばかりは虫歯菌がいません。つまり、大人がうつしてしまうのです。

食器を共有したり、大人が噛んだものを与えたりすることで虫歯菌がうつるので、特に生後1年半~2年半までは注意することが必要です。

この時期に感染が少ないとその後も虫歯になりにくいと言われています。

②だらだらと甘いものを食べる事

砂糖などの糖質は虫歯の原因の菌が歯を溶かす酸を作るための材料になっています。この酸が歯のカルシウムやリンを溶かし続けると虫歯になります。

ただ、口の中では唾液が酸を中和して歯を修復してくれるのですが、これが甘いものを常にちょこちょこ食べていると修復してくれるタイミングを失ってしまうのです。

なので、だらだらと甘いものを食べたり、長い時間かけて食べるようなお菓子、例えばアメやグミなどはリスクが高くなります。

特に、ジュースやスポーツドリンク、乳酸菌飲料なども糖分がたっぷり入っていますので要注意です。

間食をするならば、ある一定の時間にまとめてするようにしましょう。

Advertisement

③歯磨きをキチンと出来ていないこと

最後に挙げられるのが歯磨きがきちんとできていないこと、です。

ちゃんと磨いているつもりでいても実際は出来ていないのです。

小学生の中学年の間までは子供に任せず、大人が出来る限り仕上げ磨きをしてあげることが大切です。

また、高学年になったとしても適当に磨かせては意味がありません。

現在では子供用の電動歯ブラシも発売していますので、出来る限り、細かく歯垢をとるように努力をすることが大切になります。

電動歯ブラシは歯医者さんからも褒められるような磨き方を実現できます。

自分で磨くよりはかなりの割合で歯垢はとれます。

上記の商品は替えブラシの販売はありませんが、使い捨てにしても結構持ちますので、安くてオススメです。

また、子供向けのポケモンの電動歯ブラシも人気です。こちらは替えブラシも販売していますので、長く使うことが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご家庭では日々の努力が必要になってきますが、どのタイミングからでも間に合いますので是非参考にしてください。