楽しく過ごそう!中学受験直前期に両親が出来る子供へのモチベーション対策

楽しく過ごそう!中学受験直前期に両親が出来る子供へのモチベーション対策

中学受験まで70日を切りました。

願書の受付ももうすぐ始まります、志望校も本格的に決める時期に入っていると思います。ご両親はドキドキソワソワしてくる時ではないでしょうか?

大人はそうかもしれませんが、実は子供はまだまだ通常の生活を過ごしている時期になります。

ここで大切なのは大人が子供を焦らせて不安にさせてはいけないということ!

この時期に子供へどのように接したらよいかまとめました。また、そんな不安な大人もどうやって過ごしたらよいかも記載していますので、是非あわせて参考にしてみてください。

 

まずは「子供は子供である」ということを認識する

まず大人が知っておきたい大切なことは、まだ子供は12歳であるということです。

これは、生まれてからまだ12年しか経っていないという事実です。

受験勉強をこなしている小学生のお子さんはかなり大人顔負けの口がたつ、生意気な小学生に育っていることでしょう。

なので、対等に口喧嘩をしていると、ついつい大人に言っているような気持ちになってしまうのです。

ただ、相手はまだ12年しか経っていません。もちろんですが、大人よりもモチベーションが不安定なのです。例えば、いつもテストで受験校の模試を合格点とっていても、本番の雰囲気にのまれて不合格になってしまうお子さんも当然います。

ですので、まずは大人が子供はまだ12年しか生まれて立っていないんだということを改めて認識してください。

モチベーションをあげる方法

さて、12年しか経っていない子供に毎日のように言っている言葉はありませんか?その言葉は受験まではなるべく封印しましょう。子供のモチベーションを下げる言葉はコチラです。

勉強をしなさい

また偏差値が下がったわね

〇〇ちゃんみたいに頑張りなさい

そんなことしていたら落ちるわよ

このようなマイナスな言葉です。

ダメだダメだっていうと、自分が本当にダメなのではないか?と、インプットされてしまう危険があります。これは心理学にもありますが、頭に常にある言葉は現実化するということが多々あります。

残りの短い日数はせめてモチベーションを上げて、楽しく勉強して楽しく受験をすることを考えてもらうことが一番なのです。

そのためには出来る限りポジティブな言葉を使ってお話してください。

それがモチベーションをあげるためにとても役立ちます。

例えば、試験がダメだった時には

「本番じゃなくてよかったじゃん!間違ったところ見直せばきっと大丈夫だよ」とか、

いつも頑張ってるね!

一緒に休憩しよう!

受験が終わったら〇〇しよう!

などもとても効果的です。

子供は思っているより大人の話を聞いていますし、繊細です。

大人同士の会話でもより明るく楽しい会話をするように心がけましょう。不安でもそのように演じることが子供にとっての安心感、やる気にもつながっていきます。

Advertisement

不安な大人はどうすればよい?

では、不安なご両親はどうすればよいでしょうか?一番良い方法としては

塾の先生を頼る

これが一番の不安解消法です。

私達にとっては、たった1回(兄弟がいれば2回~3回)の受験ですが、塾の先生にとっては毎年経験しているわけなのです。ですので、一番両親の不安もわかってくれているのです

自分が不安な場合はまずは塾の先生に相談したり話を聞いてもらうのが一番です。

それでスッキリして子供といい距離感が保てるのであれば、どちらにとってもメリットになります。

きっと塾の先生もそれを望んでいると思います。

 

次に出来る不安解消法は

自分もリフレッシュする

ことです。

頭に受験のことばかりあると両親も気がめいってしまいますので、全く違うことをやる時間を作るとよいです。軽く運動やヨガをやってみたり、買い物をしたり、お友達とお茶をしても構いません。

頭の中から一度スッポリと受験のことを「忘れる」時間を意識的に作ってください。

それがストレスの解消法に必ずなります。

 

あと本当に数日ですが、楽しく過ごしてよい結果が出るように、頑張りましょう。