攻玉社中学校が人気の理由は?コロナで授業動画400本の対応力

攻玉社中学校が人気の理由は?コロナで授業動画400本の対応力

2020年の第1回目テスト志願者が過去7年で最多となり、第一志望とする受験生が増加した攻玉社。その人気の理由を最近のコロナ禍対応なども織り交ぜてまとめてみました。

Advertisement

攻玉社が人気の理由は?

校訓は「誠意・礼儀・質実剛健」。

海軍兵学校の予備校として名を馳せた歴史もあります。男子校には珍しく、1990年から帰国生のための国際学級を設けたのも特長の一つです。

そんな攻玉社の人気が年々上昇しています。その理由の一つには

大学合格の実績が挙げられます。

四谷大塚による80%偏差値では(その偏差値があれば合格率が80%であるというもの)

1回目が56、2回目が61です。

では、2020年春の大学合格実績を見ると、

東大生が現役で11名

合格しています。当然ながら早慶やその他医学部なども合格実績が多く出ているのです。

その理由には学校教育のきめ細やかさがあります。攻玉社では、最も重要視していることに「いかに日々の授業を充実させるか」を挙げています。

なんと、教師は担当するクラスの生徒に「授業充実のための調査票」を配って授業の評価や要望を募り、その意見を反映させた事業を実現させています。

企業の360度評価のように、素晴らしい取組です。

また、教員の持ち上がり制を採っていて、6年間担当教員が変わることがほとんどないという珍しい学校でもあります。このシステムにより、より先生と生徒の深い絆が出来るというよい結果が出ているといえます。

もう一つ、人気の理由としては

クラブ活動が盛んなところです。

運動部では、全国大会出場の水泳部や陸上競技部や、関東大会出場の剣道部、その他にもテニス部やサッカー部、野球部も人気です。

ガンダム研究部や、レゴ部など、珍しい部活もあるようです。

現在HPでは部活紹介などを見ることが可能です。是非一度覗いてみてください。

Advertisement

コロナ禍での対応は?

参照:攻玉社HP

5月30日(土)延期となっていた入学式を午前と午後に分散・縮小して実施されました。253名の新入生が入学しています。

5月の連休明けには「授業動画配信ポータルサイト」を立ち上げ、2週間で授業動画400本を突破させています。

参照:攻玉社のポータルサイトHPより

そんな勢いの中、授業再開後も動画配信との併用を進めることを考えており、前向きにコロナ禍での教育を考えている姿が好感度が高いです。

学校説明会は10月からのようです。

Advertisement

一大イベントの文化祭、「輝玉祭」

今年はまだ開催がわかりませんが、毎年9月に行われる文化祭は2日間で1万人を集める攻玉社最大の行事になっています。

受験者や保護者のコーナーが充実しており、新1年生が講師となって過去問を解説する「入試問題チャレンジコーナー」が名物企画として人気なようです。

今後の開催も是非検討をしてほしいものです。

Advertisement

まとめ

自分で考え、自分で学ぶ力を養うことが大切だという攻玉社。

携帯電話は持ち込みが不可であり真面目な校風がここにも出ています。

場所は品川区、目黒線の不動前徒歩2分ととても良い場所にありますので三密にならないように一度は足を運んでみてください。