受検に役立つ本・情報

私立中学に英語(選択)入試はある?英検の入試活用校はどこでわかる?

私立中学受検を考えているご家庭では、帰国子女ではなくても中学校受験に英語入試があるのか知りたいかたもいるでしょう。

この記事では、私立中学で英語入試をしている学校があるのか?また、英検などを入試活用している学校はあるのか、まとめました。

私立中学に英語入試はある?

まず、私立中学校の入試に英語入試はあるか?というと、

あります。

勿論、帰国子女の受験もありますが、そうではなく英語入試を行う学校も少しずつですが増えてきています。

2021年の首都圏中学入試で行われた英語(選択)入試を実施した学校の数は、

  • 143校(私立中142校・国立中1校)

でした。(こちらは首都模試が調べた首都圏の中学入試情報にもどついた数字なので、関西などは含まれていません。)

志願者も微増で、約2200名でした。

この学校数が多いのか?というと、2014年に15校だったところから2021年に143校なので増えたと言えるでしょう。

これからも、国際的な観点から考えると、増えていくことは予想されます。

また、英語の入試としては実施していなくても

  • 英検などの資格取得によって特典が加算される学校もある

という学校も存在しているのは事実です。

今まで中学受検の勉強をしていなくても、英語を一生懸命やっていたら受験に有利になる時代はもうすぐそこまで来ていると言えます。

2021年の状況は首都模試のHPより参照できますが、こちらにもリンクを貼りましたので、是非参考にしてみてください。

■2021年入試・英語(選択)入試導入幌政143校一覧

https://www.syutoken-mosi.co.jp/blog/upload/82d9e84413f34b9c9e1e7328125dd090.pdf

■関西の情報はこちらのサイトがわかりやすくてオススメです。

英検の入試活用校はどこでわかる?

それでは、英語の実力を測る手っ取り早い方法としての「英検」ですが、こちらを入試で活用している学校はどのくらいあるのでしょうか?

それは、

こちらの英検のサイト内で検索することが出来ます。

https://search.eiken.or.jp/qualification/exam/?p=juniorhighschool

英検が何級以上だとこういったメリット・特典があるよ、ということを最もわかりやすく書いてくれているサイトになりますので、是非一度確認してみてください。

まとめ

私立中学に英語(選択)入試があるのか、英検の入試活用校はどこでわかるか、をまとめました。

実際、そこまで歴史がある入試方法ではありませんが、今後はメジャーになっていく可能性を秘めているのがこの英語入試です。

英語は将来的にも必ず必須な科目ですから、小学生のうちにある程度の実力をつけていくことは私立中学校に入ってからも必ず役に立ちますので、あらためて考えるきっかけにしてみてください。

-受検に役立つ本・情報

© 2021 ママのための中学受験情報局