中学受験情報

中学受験の受験日は公欠が認められる学校と欠席扱いの学校がある理由は?

西日本新聞で記事にされていた中学受験日で小学校を休んだ場合に公欠になるか欠席になるかという問題ですが、文部科学省の通知では高校受験に関しては「欠席にしない」と示していますが、中学受験には記載がなく実質的に自治体によって対応が異なっているのが現実だそうです。そのため、公欠である場合とない場合があるのです。

中学受験日の公欠が発表されていた九州の学校では?

実際九州の公立小学校では2019年受験時には、

福岡市=欠席扱い

佐賀市・長崎市=出席扱い

北九州市・熊本市・大分市・宮崎市・鹿児島市=校長判断

という取り扱い基準を出していました。

それ以外の学校に関しては調べてみても公式的な情報はまだありませんでした。

口コミサイトでは、東京23区、東京23区外、関西、千葉県北西部、埼玉西武、神奈川県などの保護者の方々の口コミで、公休扱いになるところとならないところはどちらも存在していることがわかりました。

特に、関西では公休にならない学校が多いようです。

自分の学校ではどうか?がわからない場合は、学校の担任の先生に必ず確認をしてみてください。

これは例えば校長先生判断となると校長先生が変わった場合に公休の扱いが変わる可能性があることから毎年同じであるということはないからです。

中学受験者数が増えているのにもかかわらず、こういった中途半端な対応があることに対しては国としても少し考えてもらいたい部分ではあります。

高校の場合に「欠席にしない」ということであれば小学生の中学受験でも同じにすることがベターではないかな、と、考えられます。

1月に受験勉強をしたいといって受験日以外に学校を休む場合はもちろん欠席扱い

さて、試験日ではなくて1月に学校に行かないで休んで勉強をするというお子さんもいらっしゃいます。

この場合には学校を休んでももちろん欠席扱いとなります。

ここで、気にしたほうが良い部分としては、1月に沢山休んで欠席した場合に、最終的に成績表を中学校に提出する場合があるということです

その時に中学校には休んだことがわかってしまう可能性があります。

ただ、これが何かに影響するということはないとは思いますが、念のため、知っておいてください。

まとめ

様々な情報より、結果的に中学受験の対応は今後国としてしっかりとした指針が必要であることがわかりました。今後の行政に期待しつつ、期待が出来ないので、保護者のほうから声を上げていくことも必要かもしれません。

とはいえ、実際問題1月に休んでいつものペースを崩してしまったという声を聴くこともあります。学校へ通っていることで自分のペースを崩さないまま受験に臨むことが出来るということです。ただ、受験を前にしてメンタル的に不安になってしまっても困りますので、こういう場合は家族や学校の先生、塾の先生と相談し、お子さんの性格を考えながら決めていくことが大切だと思います。

また、今年に関しては、新型コロナウイルスの影響で休校していた学校が再開される中、文部科学省が6月に出した指針では、保護者から「感染が不安で休ませたい」と相談された場合、合理的な理由があれば欠席扱いにしないことを可能とする見解を全国の教育委員会に示しています。

感染が拡大している地域によっては、受験までの感染の不安を考えて休ませるという選択肢も今年に限ってはありかもしれません。

-中学受験情報
-,

© 2021 ママのための中学受験情報局