共学・公立一貫

中央大学付属横浜中学校が人気急上昇!付属校人気の理由を文化祭から考察

2019年9月16日

2012年に共学化した、中央大学付属横浜中学校。

大学付属の中高一貫校として密かに人気急上昇中です!そんな中央大学付属横浜中学校の人気を文化祭見学時の体験より伝えていきたいと思います。

中央大学付属横浜中学校人気の理由とは?

2019年の文化祭、コロナ前最後の文化祭、「紅央祭」へ足を運びました。

駅を出てからは右手にずっと真直ぐで、学校まで並木道を通ります。

入り口には守衛さんが立っており、またそこから少し歩いたところへ校舎の入り口がありました。グリーンの人工芝の校庭を横目に眺めながら、舗装されてとてもきれいな道のりを歩きます。

センター北駅はベットタウンで駅前のにぎわいとは変わって少し歩くだけで自然にあふれており、青空が広くて、とても気持ち良いです

文化祭の入り口ではイベントの会場のように、保護者、一般など別れていて、受付でネームホルダーを配ってくれました。

おそらく、入り口に立っているか生徒は紅央祭実行委員会の生徒でしょうか。男女が仲良く、しっかりとした対応をしてくれました

そして、今のご時世ですが、セキュリティがしっかりしていて安心な気持ちになりました。

至る所に座る場所もあって、快適です!ここまでで環境要因の人気ポイントをまとめました。

人気ポイント

  • 自然にあふれており、治安がよい
  • セキュリティ対策がしっかりしている
  • 校舎が新しくて綺麗(2013年築)

次に、学食のメニューも拝見しました。色々な種類があり、子供達が喜びそうです。

  • ワンプレートランチ 420円
  • 丼(並)390円、丼(大)420円
  • カツカレーライス
  • つけめん、ラーメン、うどん、などなど。。

広くて購買だけではなく学食もあるので、お弁当を作らなくてもよい日が作れるのは働く母親にとって嬉しいことでもあります

また、種類がこれだけあると、子供もお昼ご飯の学食は楽しめそうですね。

上の階からグラウンドも拝見しましたが、やはり眺めがよくて人工芝が美しいです。

中央大学付属横浜は部活動もさかんで、参加率は90%ということ。中庭ではサッカーを練習している子供達がいました。

実際に通っている両親の話を伺いましたが、親も含めて部活動にとても熱心で、よく試合を見に行っているということでした。

部活動での戦績では、2017年度には中学・高校女子のバトントワリング全国大会出場と、高校バドミントン部県大会出場しています。

直近では、2019年8月に「2019 Japan Cup マーチングバンド・バトントワリング全国大会」に、高校生16人が出場し、なんと、全国9位とスカイA賞という賞を受賞しました。

数々のイベント等で実績を残しており、伝統のある部活であることがうかがえます。

少し離れたところには大棚グラウンドがあり、主にサッカー部や野球部の練習で利用されています。テニスコートは入り口に2面ほどあります。

新しい校舎は本当にきれいで気持ちが良いですね!

職員室もガラス張りで、先生と生徒の距離がとても近いように感じました。

実際、訪れた時も先生だけがこもっているというよりは、生徒も気軽に立ち寄ることが出来ていました。

☆人気ポイントまとめ☆

  • 部活動が盛んで、熱心である
  • 部活用の敷地が広い
  • 学食が綺麗で美味しそう
  • 職員室がガラス張りで先生との距離が近い

そして、様々な中学校のオシャレな制服がありますが、中央大学付属横浜中学校はとても可愛らしくオシャレで爽やかでした!

参照:公式HPより

男子は4つボタンのブレザーで、このジャケットは洗濯することが可能です。

ネクタイは紺に白のストライプ。クールビズ期間中はノーネクタイでもOKです。

また、夏は半そでシャツに白のベスト、スラックスはグレーにブルーのチェックでこちらも爽やかでオシャレなスタイルです。

女子は3つボタンのブレザーに紺のチェックのスカート。白シャツです。タイは中学生がリボン、高校生がネクタイと決まっていますが、普段はどちらを選んでも大丈夫なようです。また、スカートにはグレーのチェックスカートもあり、そちらを選ぶことも可能です。

実際拝見しましたが、とても清潔感があって可愛い制服です!

自分で選ぶことが出来るところも日々学校生活を楽しめるポイントの一つになっていきそうです。

やはり大学付属であることが人気の一つ

校訓は「謝恩礼節」「自立実践」

実学の伝統と家庭的人間関係を大切にする校風。その中で知性を磨き、謙虚であり、努力と挑戦を続ける人間を育てることを教育方針としています。

やはり、この中央大学付属横浜中学校が人気であり注目すべきポイントは

中央大学への内部推薦と他大学への併願受験が可能なところです。

中央大学を滑り止めとして、他の大学にもチャレンジできるという安心な環境で大学受験に臨むことが可能です。(内部進学率は68%)

また、中央大学が人気であること、大学受験が変わることから、毎年人気が上昇しており、偏差値も上がっていくことが予想されています。

人気ポイント

  • 中央大学の内部推薦がすべり止めとして他大学への併願が可能である!

まとめ・基本情報

1908年横浜女子商業補習学校として設立。2009年に中央大学の系属法人となり、2012年に共学化。

2013年には横浜港北ニュータウンに新校舎を建設して現在に至るため、校舎もとても綺麗な中央大学付属横浜中学校の人気の秘密をご紹介してきました。

中央大学付属横浜中学校は、四谷大塚が出している80偏差値一覧では1日目偏差値55、2日目偏差値56となります。(※80偏差値とは、上記の場合55・56の偏差値があれば80%合格率があるということです。)

是非、興味がある方は一度学校見学へ行ってみて下さい。

-共学・公立一貫
-,

© 2021 ママのための中学受験情報局