2021年度 中学受験募集要項など変更がある学校は?

2021年度 中学受験募集要項など変更がある学校は?

2021年度の中学受験ではコロナによる影響で様々なところで変化がありました。今年6年生のかたも、来年・再来年受験を考えているかたも、この変化はきっと見逃せません。この記事では、2021年度に募集要項などに変更がある学校はどのような学校があるか、現時点での情報を一部まとめてみました。

Advertisement

変更がある学校一覧

2021年度の入試に向けて、各校から募集要項が随時発表されていますが、上位校や難関校などでも試験内容を一部見直す動きがみられています。現時点(2020年10月10日)での情報をまとめました。

学校               変更内容
筑波大学付属駒場6年生で学ぶ内容について変更
・国語 6年生で学習する漢字除外
・算数 6年生で学習する内容のうち「データの活用」除外
・社会 6年生で学習する内容のうち、教科書の「世界の中の日本」(東京書籍・教育出版)「世界の中の日本と私たち」(日本文教出版)を除外。時事問題は出題。
・理科 6年生で学習する内容のうち「電気の利用」「水溶液の性質」「生物と環境」の内容を除外。
筑波大付属中学校音楽・図画工作・家庭の学力検査・体育の実技試験がなくなる
早稲田大学高等学院中学部受験生によるグループ面接見送り(1組当たり15分想定のもの)(10月朝日新聞情報より)
芝浦工業大学附属中学高等学校男子校から共学校へ
獨協中学・高等学校2月1日午後入試(2教科)導入
桜美林中学校2月3日午後入試(国語、算数)→算数1科目で実施 帰国生入試の科目が国語、算数、英語から2科目選択形式に変更
東京電機大学中学校募集店員・入試科目数の変更
東京農業大学第一高等学校中等部入試科目や募集定員に変更
本郷中学校2021年度から高校募集停止
豊島岡女子学園中学校2022年度から高校募集停止
吉祥女子中学・高等学校2月4日入試を廃止し、2月1日と2日の2回入試に。1日は募集定員が20名増、2日は10名増になる
桜蔭中学校保護者面接廃止、受験生のみの面接へ・ネット出願開始
女子学院中学校ネット出願開始
雙葉中学校ネット出願開始
日本大学藤沢中学校日本大学藤沢小学校から中学校への進学することになり、募集定員が減少
湘南学園中学校入試日、募集定員変更
桐蔭学園中等教育学校2月2日午後2科目入試(国語・算数)導入
神奈川大学附属中・高等学校2月1日午後入試導入、入試日程、募集店員変更
フェリス女学院面接(人物考査)実施見送り
清泉女学院中学校ポテンシャル入試、2月2日午後受験(算数一科型)新設
栄東中学校入試日の変更の可能性あり
東邦大学付属東邦中学校推薦入試の募集定員が10名増加、通常前期入試の定員が10名減少
市川中学校1月20日の英語選択入試が廃止
聖徳大学附属女子中学校・高等学校女子校から共学校へ 校名変更:光英VERITAS
Advertisement

今後の展開

いかがでしたでしょうか。現段階(10月10日現在)での情報ですので、これからのコロナの状況によってはまた変化があることも考えられます。

試験日の時間帯の変更なども含め、希望の学校はHPなどで、状況を随時注視していくことをオススメいたします。