休校延長はいつまで?公立OR私立より「学校判断」によるオンライン授業格差

休校延長はいつまで?公立OR私立より「学校判断」によるオンライン授業格差

いつまで続くか先が見えない休校措置。

感染者が広がって何処にいても安心できない状況の中、全国の学校の動きはどうなったのでしょうか?ニュースやネットでは、9月に開始になるか、1年全学年留年するか、という話も出ていますが、現状、今各都道府県が発表している情報と、公立・私立の中学校では実際どのような対応をしているのか、一部の情報をまとめました。

Advertisement

GW以降の休校措置の発表

GW以降の学校の休校措置の発表はお子様にとってもご両親にとってもとても気になるところでしょう。4月28日、各都道府県で休校措置の延長状況を発表している都道府県の状況はこのようになります。

(5/8まで)  東京都・千葉県

(5/10まで)  新潟県・大阪府・愛媛県・福岡県・長崎県・佐賀県・相模原市

(5/17まで)  千葉市・栃木市・京都市

(5/24まで)  山口県

(5月末まで)   千葉県 市川市・習志野市・浦安市 ・兵庫県・ 京都府・ 富山県・ 岡山県・ 埼玉県・愛知県・ 茨城県 ・群馬県・ 岐阜県・ 奈良県・ 三重県・ 広島県・熊本県・ 滋賀県・ 静岡県

また、現在の段階で未発表な地域はこちらです。

【未発表】神奈川県(相模原市以外)・北海道

どちらも大都市なのに、リーダーシップをとって発表できないのは少し問題な気もしますが。

Advertisement

現在の中学生の状況は?

このように全国の9割以上の学校で休校が続いている状況の中、日本の教育の状況は深刻な問題となっています。海外のメディアでは台湾やシンガポールなど、すぐにオンラインの授業が始まっているニュースを見ていた人も日本での今の状況に不安になっているのではないでしょうか。

実際、日本でのオンライン授業の普及率はわずか5%だそうです。

では、中学校では授業はどうなっているのでしょうか。

東京都のある公立学校ではこのような対応だそうです。

こちらも同じく東京都の公立学校、千代田区立麹町中学校ですが、上記の東京都とは打って変わってきちんとオンライン対応しています。

大阪市ではYouTubeで配信をするということでしたが、どうも評判はよくないようです。

大阪市立矢田中学校(公立)では、家庭教師のトライと提携してオンライン授業をしているとのこと。また、三重県内の一部の公立中学校でもインターネットを活用して授業動画の配信する取組が行われているそうです。

では、期待の私立中学校はどうでしょうか?

埼玉県の私立本庄第一中学校ではオンライン授業が始まっています。

また、天下の開成中学校・高等学校ではZoomを利用して授業を行うと4月10日にHPで掲載されています。武蔵中学校ではHPにて課題が更新されています。5月以降は遠隔授業と記載されていますので、オンライン授業なのでしょう。

早稲田中学校では 今後の更なる休校期間延長の可能性も視野に入れ、5 月 9日までにオンラインでの授業の受講、zoom などを利用した面談などができるように、動画を視聴できるネット環境の整備などを保護者へ呼びかけています。

神奈川県の私立、聖光学院では4月6日の段階でWebを利用した授業の対応を発表しています。栄光学園では、インターネットを活用して,課題を配信するとのこと。浅野中学校では、 全教科の授業担当者から、郵送や Web を通じて、家庭学習用の 教材や画像データを送るようにているようです。

サレジオ学院中学校では、 インターネットを活用して,課題を配信し、随時 動画を視聴できるネット環境を整えてもらえるよう保護者へ呼びかけているところです。

Advertisement

まとめ

実は、私立しかオンライン授業をやっていないと考えていたかたも多かったかもしれませんが、実は調べてみた取組としては公立も私立も関係ないようでした。

どちらかというと学校判断での違いが大きく出ました。

とはいえ、私立の対応のほうが

早くてスムーズである学校が多いことは間違いありません。

これから中学受験を考えているご両親のかたは現在の学校の対応もよく見ておくとよいかもしれません。

Advertisement